文字の大きさを変更 


8月も「さいとぴあ映画館+」!
重たく疎遠に感じがちな社会課題も、映画を通すと楽しく理解が深まります。お時間のある方、映画ファンの方、どなたでも楽しむことができます!この機会にぜひ、社会課題について考えてみませんか?お気軽にお申し込みください。
お申し込みは2022年8月1日(月)から開始します。

 

『ハッピーリトルアイランド』


【日時】2022年8月5日(金)
【上映開始時間】昼の部 14:30~  夜の部 19:00~


ギリシャの離島、イカリア島。この島の住人は世界のどこよりも長生きで幸せと言われている。
都会から移住した若者たちが島の老人たちから人生を楽しむコツを学んでいく。
ギリシャは2010年頃からの経済危機で3人に1人は貧しく、若者の半分は無職となった。職を失い、希望を失った「ロストジェネレーション」と呼ばれる若者たちの多くはギリシャを離れ、海外に逃れたいと思うようになる。そして一部は僅かな希望を抱き、田舎を目指して移住した。
IT関連の仕事をしていた35歳のトドリスも彼女のアナとギリシャの離島でどこかミステリアスな島、イカリア島に移住した。自給自足的で経済危機とは無縁なイカリア島で彼らは飛び切り元気で長寿な老人たちと出会い、人生を楽しむコツを学んでいく。


環境 政治経済 伝統文化 生活医療





お申し込みはこちら





 

『バベルの学校』


【日時】2022年8月12日(金)
【上映開始時間】昼の部 14:30~  夜の部 19:00~


アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。世界中から11歳から15歳の子どもたちがフランスにやって来た。これから1年間、パリ市内にある中学校の同じ適応クラスで一緒に過ごすことになる。 24名の生徒、20の国籍…。この世界の縮図のような多文化学級で、フランスで新生活を始めたばかりの十代の彼らが見せてくれる無邪気さ、熱意、そして悩み。果たして宗教の違いや国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのだろうか。そんな先入観をいい意味で裏切り、私たちに未来への希望を見せてくれる作品。

文部科学省特別選定 社会教育(教養) 青年向き
文部科学省選定  社会教育(教養)成人向き
(2015年1月15日選定)


教育 人権 多様性





お申し込みはこちら





 

『幸せの経済学』


【日時】2022年8月19日(金)
【上映開始時間】昼の部 14:30~  夜の部 19:00~


あなたは、「豊かさ」をどんなものさしではかりますか?
お金を持っていることでしょうか。便利で、快適な暮らしを送ることでしょうか。
今まで世界では国の豊かさを測る指標として「GNP(国民総生産)」や「GDP(国内総生産)」などが使用され、どれだけ経済成長したかということが「豊かな国」と定義だと信じられてきました。この考え方はグローバリゼーションの波に乗って世界中に広がり、世界の様々な地域に「開発」という名の「消費社会」が流れ込みました。結果、便利で快適に生活できるなどの正の側面がある反面、負の側面ではコミュニティの伝統的な暮らしが崩壊し、かつてはそこにはなかったはずの「新たな貧困」が生まれるようになったことも事実です。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。


環境 教育 政治経済 多様性 伝統文化 生活医療

科学技術 社会変革 問題解決





お申し込みはこちら





 

『できる -セ・ポシブル』


【日時】2022年8月26日(金)
【上映開始時間】昼の部 14:30~  夜の部 19:00~


甚大な被害をもたらした2011年3月11日の東日本大震災。これまでのライフスタイルを見直し、よりエコロジカルで持続可能な暮らし方に移行した日本人は少なくない。これらの変化に熱視線を注ぎ、日本中を旅した30代の若いフランス人カップルがいる。日本とエコロジーが大好きなマチルダとジョナサンだ。将来、持続可能な生活をすることを心に決めている彼らは、エコロジカルな暮らしの実践者たちに会うため、8ヶ月もの間、ボランティアしながら日本を縦断することを決意する。 


環境 教育 政治経済 伝統文化 社会変革 問題解決





お申し込みはこちら


さいとぴあ
〒819-0367 福岡市西区西都2-1-1
【TEL】092-807-8900 【FAX】092-807-8895